日本読書療法学会

日本読書療法学会について

読書療法とは

会長・顧問紹介

会員募集

セミナー情報

お問い合わせ

最新情報

日本読書療法学会会長


寺田 真理子

長崎県出身。幼少時より南米諸国に滞在し、ゲリラによる日本人学校脅迫や自宅の狙撃を経験。東京大学法学部卒業後、国際会議コーディネーターの傍ら、舞台出演や自主映画の主演、監督。多数の外資系企業での通訳を経て、現在は文筆や翻訳、講演、商品ネーミングで活動。
読書によってうつから回復した経験を体系化して自らの学びと読書の普及のために日本読書療法学会を設立し、国際的に活動中。また、うつの体験を通して共感した認知症について「パーソンセンタードケア」の普及に力を入れている。
著書に『うつの世界にさよならする100冊の本』(ソフトバンククリエイティブ)、 訳書に『認知症の介護のために知っておきたい大切なこと』(筒井書房)など。


日本読書療法学会顧問


清川 妙先生

1921年山口県生まれ。奈良女高師(現奈良女子大学)文科卒。教職を経たのち文筆活動に入る。古典評論、生き方エッセイ、手紙の書き方など、多方面にわたる執筆や講演会で幅広く活躍している。九十歳を超えて前向きに生き、ひたむきに学ぶ姿は、多くの読者に勇気を与えている。
著書に『万葉集花語り』『うつくしきもの枕草子』『八十四歳。英語、イギリス、ひとり旅』(以上、小学館)、万葉恋歌(主婦の友社)、『ほほ笑みのある暮らし』『万葉集の恋うた』(以上、中経の文庫)、『妙ちゃんが行く!』(すばる舎)、『おてんば八十八歳。喜び上手の生きかたノート』(海竜社)、『今日から自分磨き』(清流出版)、『兼好さんの遺言』(小学館)など多数。
清川妙先生は2014年11月にお亡くなりになりました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。


林 望先生

1949年東京生まれ。作家・国文学者。慶応義塾大学大学院博士課程修了。ケンブリッジ大学客員教授、東京芸術大学助教授等を歴任。専門は日本書誌学、国文学。『イギリスはおいしい』(文春文庫)で日本エッセイスト・クラブ賞、『林望のイギリス観察辞典』(平凡社)で講談社エッセイ賞、『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』(ケンブリッジ大学出版)で国際交流奨励賞、『林望のイギリス観察辞典』(平凡社)で講談社エッセイ賞を受賞。著書に『新個人主義のすすめ』(集英社新書)、『東京坊ちゃん』(小学館文庫)、『節約の王道』(日経プレミアシリーズ)、『謹訳 源氏物語』(祥伝社)など多数。エッセイ、小説のほか、歌曲の詩作、能評論も多数手がける。


衛藤 信之先生

心理カウンセラー。日本メンタルヘルス協会代表。
日本で従来行われている理論中心の心理学に代わり、誰の日常生活にも役立つ実践的プログラムを開発。その軽快な語り口は心理カウンセラーの枠を超え、役者のライブのような臨場感があると評判になり、現在、日本一顧問企業数の多い心理カウンセラーとして、多くの人がより自分を輝かせる心理テクニックを教えている。全国で開催中の心理学教室は、キャンセル待ち状態が数年続く。卒業生の多くが心を扱うビジネス分野のパイオニアとして各方面で活躍するなか、彼らの精神的支柱を担い、大きな信頼を寄せられている。インディアンカウンセラーとしてインディアンの知恵を伝える語り部としても注目されている。著書に『心時代の夜明け~本当の幸せを求めて~』(PHP研究所)、『今日は、心をみつめる日』(サンマーク出版)など。


五十嵐 良雄先生

メディカルケア虎ノ門院長。精神科医。医学博士。精神保健指定医。
1949年、東京都に生まれる。北海道大学医学部卒業。埼玉医科大学精神医学教室助手、イタリア・ミラノ大学、オランダ・ユトレヒト大学留学を経て秩父中央病院理事長・院長をつとめ、現在に至る。
うつ病の復職支援に関しては日本の第一人者であり、メディカルケア虎ノ門では他に先駆けて「うつ病の復職デイケア」を行い、その方法論はうつ病の復職プログラムのスタンダードとなっている。クリニックには、日本全国から大勢の患者が訪れている。うつ病リワーク研究会代表世話人、日本うつ病学会評議員、日本精神科救急医学会理事、日本外来臨床精神医学会理事。著書に『ササッとわかる「うつ病」の職場復帰への治療』(講談社)など。


小田 全宏先生

1958年彦根市生まれ。東京大学法学部卒業後、(財)松下政経塾入塾。松下幸之助翁指導のもと、一貫して人間教育を研究。1991年に株式会社ルネッサンス・ユニバーシティを設立。多くの企業で「陽転思考」を中心とした講演と人材教育実践活動を行い好評を博す。1996年には、リンカーン・フォーラムを設立し、全国で立候補者による<公開討論会>を実現させ、現在その回数は2000回以上(2010年12月現在)にのぼる。
また、京セラの稲盛和夫名誉会長を最高顧問に迎え、NPO法人「日本政策フロンティア」を設立し理事長を務める傍ら、NPO法人「富士山を世界遺産にする国民会議」運営委員長として全国を東奔西走中。
2006年より始めた「アクティブ・ブレイン・セミナー」は全国で好評開催中。